やっぱりここの暮らしが好き

やっぱりここの暮らしが好き

社内SEの有効活用の仕方とは

 ある程度の企業になってくると必ず必要になってくるのが社内SEです。
社内SEはシステムに関わることならば何でも任せられると思いがちですが、それぞれに得意分野があり、各人の得意分野に合わせた配置が欠かせません。しかし、有効にSEを使った場合の効果は大変大きいものがあります。

 

 そのコツの一つとしてSEをひとり経営会議に参加させることが挙げられます。
これは経営や利益に主眼が置かれがちな経営会議に新しい風を吹き込みます。情報の分野は格段に進化を続けており、こうしたことに熟知したSEは社内の経営戦略を一変させるアイデアを出しえる潜在能力があるからです。
人員の効率化でも、宣伝の多様化でも、経理のネットワーク化でもSEの視点から見れば改善の余地があるものであり、こうしたSEの意見を取り入れることが大事です。 

 

実際に社内seの求人を見てみましょう。

 

社内se求人の記事を読む

 

 

また余り行われていないのがSEの営業部門への配置。
社内SEにも営業職的なスキルが必要になってくるかも知れません。

社内の不効率業務を改善する社内SE

会社の中には、慣習で効率は悪いけど改善するための負荷や手間が面倒ということで長期間不効率な方法で進められている業務が存在します。
特に部署間を跨ぐ業務において存在する不効率は過干渉などのおせっかいや役員の縄張り争いを刺激することに発展する懸念もあり
改善に取り組むことさえ困難なことが多いのが現状です。そんな中、社内SEが存在していれば、仮のシステムを構築し、お試し期間を設けてオペレーションを実施し、時間削減の効果を見える化することも可能となります。それぞれ独立したシステムを持つ部署の橋渡しをするようなシステムの潜在需要はかなり多いのが現状だと思います。1つでもそのような業務が改善されることで、部内最適が全体最適となり、会社の業務負荷を軽減させることが可能となります。
社内SEには人の話を根気よく聞くスキルが必要となり、それぞれの部署でパソコンが詳しい人が問題視している肝の部分をどのように効率化させるかを
相談しながら進めていくというコミニケーションスキルも求められます。そして仮のシステムが機能したならば、それを本格的なシステムへと移行することも
検討して、本格的システム移管に伴う、試運転時の不具合も社内SEが外注システム会社と連携して解決していけば、かなり効率良いシステム導入が可能となるはずです。システムに限らず、社内のデータ活用や情報共有システムを構築する際もアクセス権設定など社内SEの対象業務となる項目は無限に存在します。優秀な社内SEを一人持つ会社は、数年で数百万〜数千万のコスト削減を実現できる可能性もあるのです。

印鑑以前は花押?

 

印鑑が広まる前は、花押(かおう)が主流でした。
花押と言っても、何なのかか知らない人もいるかもしれませんね。
歴史資料である古文書に精通している人なら、花押についてよくご存知だと思います。
署名が次第に発展したものですが、花押によっ ては印鑑のように版刻したものを使っていたようです。
明治6年に、太政官布告(だじょうかんふこく)で「実印がないと裁判では証拠になりません」という内容の法令が発せられてからは、花押は印鑑としての役割を終えてしまいました。
この布告については、現代でも同じです。
どんな証拠になりそうな書類であっても、印鑑(実印)がなければ裁判で有効ではありませんし、逆に印鑑が押されていれば、簡単な書類であっても重要な証拠に成りえます。

劣等感・嫉妬心の転換方法

自分よりも優れた人を目にすると、劣等感や嫉妬心を抱いてしまいがちです。
そんな自分に嫌気がさす人も多いようです。
自分の長所に目を向けるためには、趣味の時間を作ることが大切です。
スポーツ、旅行、音楽鑑賞、観劇、編み物などに熱中することで、充実した時間を確認でき、「自分は自分」と思えるようになります。
コーヒー・紅茶を飲む、チョコレートを食べる、ストレッチをするなど、手軽な方法での気分転換も冷静になれるため、狭くなっていた視野を広げることができます。
長所を伸ばすためには、劣等感や嫉妬心を抱いた相手を見習う姿勢も必要です。
「尊敬できる人」として見ると、多くのことを学べるため、スキルアップに繋がることもあります。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ