やっぱりここの暮らしが好き

やっぱりここの暮らしが好き

印鑑以前は花押?

 

印鑑が広まる前は、花押(かおう)が主流でした。
花押と言っても、何なのかか知らない人もいるかもしれませんね。
歴史資料である古文書に精通している人なら、花押についてよくご存知だと思います。
署名が次第に発展したものですが、花押によっ ては印鑑のように版刻したものを使っていたようです。
明治6年に、太政官布告(だじょうかんふこく)で「実印がないと裁判では証拠になりません」という内容の法令が発せられてからは、花押は印鑑としての役割を終えてしまいました。
この布告については、現代でも同じです。
どんな証拠になりそうな書類であっても、印鑑(実印)がなければ裁判で有効ではありませんし、逆に印鑑が押されていれば、簡単な書類であっても重要な証拠に成りえます。

劣等感・嫉妬心の転換方法

自分よりも優れた人を目にすると、劣等感や嫉妬心を抱いてしまいがちです。
そんな自分に嫌気がさす人も多いようです。
自分の長所に目を向けるためには、趣味の時間を作ることが大切です。
スポーツ、旅行、音楽鑑賞、観劇、編み物などに熱中することで、充実した時間を確認でき、「自分は自分」と思えるようになります。
コーヒー・紅茶を飲む、チョコレートを食べる、ストレッチをするなど、手軽な方法での気分転換も冷静になれるため、狭くなっていた視野を広げることができます。
長所を伸ばすためには、劣等感や嫉妬心を抱いた相手を見習う姿勢も必要です。
「尊敬できる人」として見ると、多くのことを学べるため、スキルアップに繋がることもあります。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ